レシプロエンジンのポイント

レシプロエンジンとは燃料を爆発させ、その圧力でピストンシリンダーの上下運動をクランクシャフトで回転運動へと変換するタイプのエンジンの事を言います。そのため、シリンダー、ピストン、クランクシャフトという部品からできているエンジンは全てこの範疇に入る事になります。通常の自動車エンジンの多くはこのタイプのエンジンです。それに対してロータリーエンジンはこのような上下運動を回転運動に変換する構造はしていません。燃料の爆発を直接回転運動に変えるローターが使われています。自動車用エンジンにはこの2つのタイプが存在しています。ロータリーエンジンには上下運動を回転運動に変える機構がありません。そのために、ロータリーエンジンは比較的コンパクトなエンジンを作る事ができます。そして、上下運動が無い事から振動も少なく特有のエンジン音がします。理論的には運動を変換する余分な構造が無いために燃料効率も高くなるのですが、ピストンにあたるローター部分の応用が難しかった事から多くのメーカーは撤退を余儀なくされ、現在でもロータリーエンジンを市販している自動車メーカーはマツダだけになってしまいました。2つのエンジンのタイプにはこのような差があります。