遺留分って?

ビジネス08浮気 親権
相続が起きた場合、亡くなった人が自分の意思を表明するために遺言を残すことがあります。この場合、法的に有効な形式の遺言書が残されているのであれば、基本的にその遺言どおりに財産の分配をおこなわなければいけません。しかし遺言に沿った相続をした場合、残された家族にとって非常に不利になるケースが発生する可能性が考えられるため、故人の意思と遺族の権利の双方のバランスをとれるような規定が民法によって定められています。それが遺留分です。この権利が保証されている相続人は配偶者、子、父母だけになります。兄弟については相続権が認められる場合でもこの権利は認められていません。
この権利が認められる場合、相続人が配偶者や子である場合は法定相続分の2分の1、父母のみが相続人である場合は法定相続分の3分の1が自己の相続分として発生します。ただしこの権利については消滅時効の対象となることに注意が必要です。相続開始、または自己の権利が侵害されていると知った時から1年、仮に相続の発生を知らなかった場合でも相続開始時から10年を経過するまえに、遺言により相続した人に対して減殺請求をしなかった場合は、消滅時効が適用され権利を失ってしまいます。