ガソリンエンジン基礎知識!吸入と混合器

4ストロークエンジンは混合気をシリンダー内に充満させこれを圧縮し点火することで膨張力を得て上下運動を行い、燃焼後のガスを排出させさらに新たな混合気を吸入するというサイクルで動力を取り出す形式のエンジンです。その一連の動作を行うためにピストンの上下運動を2回行い、それぞれに工程が分かれていることから4ストロークと言われているものです。
その工程は、それぞれ吸気行程、圧縮行程、燃焼行程、排気行程ともよばれ、それぞれの動作が独立して行われます。吸気工程においては吸気バルブが開き混合気をシリンダー内に十分に吸い込んだのちバルブを閉じ、密閉された状態で爆発させるため非常に燃焼効率が良いという特徴があります。
このタイプのエンジンでは、それぞれの工程が明確に分かれており燃料を十分に圧縮してから点火できるため、より大きな動力を得ることが出来る特徴があります。しかし吸気バルブや排気バルブなどの部品が増え構造が複雑になるという欠点があります。しかし、2ストロークで混入するエンジンオイルなどの混入が少なく、その為排気が比較的きれいなこと、また大きな推進力が得られるという事から自動車のエンジンにはそのほとんどがこの4ストロークエンジンを基本にしたものが使用されています。

Comments are closed.