車のマフラーの排気はどうする?

車の部品として大事なのに注目されづらいのが排気です。マフラーとも呼ばれ、エンジンから排出されるガスを浄化して大気に開放します。ただし、浄化は大気汚染を極力減らすために厳しい規格で作られています。また、ディーゼルエンジンの場合はガソリンエンジンに比べてさらに厳しい基準があるので浄化装置もさらにコストの掛かったものが利用されます。ガスの浄化はキャタライザーがおこないますが、マフラーでは消音作業を行っています。エンジンから排出されるのはガスだけではなく、音も伝わってくるためにマフラーで音量を下げ、車検の基準に合わせたものが採用されます。音の基準は年々厳しくなっており、ノーマルから変更する方は選択肢が少なくなっている傾向が強いです。ただし、音や排ガスの規制は販売された年で判断されることから旧車など現在ではパーツが手に入らない車でも販売した当初の規制が適用されるので現代でも走ることができます。音や排ガスのためにさまざまな工夫がされていますが、あまり厳しい制限をかけるとエンジン出力に影響が出てくることが多く、サードパーティーから販売されるものに取り替えるだけで馬力がかなり上がる、乗りやすくなるという場合も多いようです

Comments are closed.