車のピストンの部位とは

車のエンジンはコンセプトごとに様々な種類のものが採用されていますが、乗用車の中で最も多く採用されているエンジンがレシプロエンジンとなります。
レシプロエンジンはエンジン内部のシリンダー内で爆発した燃料によって生み出された力を、ピストンが受け止めることで上下に動く形のものです。
上下運動を回転運動に変えることで回転力を得て、駆動に伝えるメカニズムとなっています。
エンジンが動くまでの仕組みとして、吸気と圧縮、爆発、排気という工程を行います。
バルブを開いて下がっていくことで、シリンダー内へ気化された燃料が入っていき、クランクシャフトが回転をすることで燃料と空気が混ざって、混合気の状態になります。
混合器はシリンダー内部で圧縮されて、内部で圧縮された混合器は電気で火花を飛ばす仕組みであるスパークプラグを使って点火されて爆発を起こします。
空気や燃料を取り入れることで排出する空気バルブや、爆発させるためのスパークプラグ、爆発を受け止めるための部位、上下運動を回転運動にするクランクシャフトなどがレシプロエンジンを構成している主要なパーツになります。
ディーゼルエンジンの倍あには、燃料が爆発を起こす仕組みがガソリンを使用するものとは異なりますが、エンジンの内部で行われている過程についてはレシプロエンジンと同じものとなります。

Comments are closed.